聖歌に魅了されて

聖歌に魅了されて

先日友人に誘われて近所の教会に行ってみました。

私は実家は仏教ですがキリスト教の幼稚園に通っていました。

自分は宗教の事は良く分からないので無宗教の部類です。

キリスト教徒の友人は毎週日曜日は必ず教会に行ってお祈りを欠かしません。

また、教会は宗教や宗派に捕らわれず万人を受け入れる体制があります。

だからと言うわけではありませんが、友人は私に聖歌を聞きに来ないかと誘ってくれたのです。

友人は幼い頃から聖歌隊に所属して聖歌を歌っているそうです。

そして歌が大好きな私に聖歌を進めてくれたのです。

その友人の気持ちが嬉しかったので、教会へ行ってみる事にしました!

教会は天井が高くてステンドグラスが美しい神聖な空間でした。

それだけでも心が洗われるような気分にさせられ、そこで聞く聖歌はまた格別です。

音が響く構造になっている教会は自然な音響に守られています。

アカペラでも美しく声が響くので、すごく気持ちがいい。

静かで神聖な聖歌から、パワフルでリズミカルな聖歌まで、様々な聖歌を聴いてみて魅了された私は聖歌を歌ってみたいと思うようになりました。

キリスト教の難しい事は分かりませんが、聖歌は素晴らしい。

歌って素晴らしい。音楽って素晴らしいと思いました。

それからと言うもの、youtubeで聖歌ばかりを聴いている私。

今さらですが、ケイリーやケルティックウーマン、サラ・ブライトマンにハマってしまっています。

サラ・ブライトマンの大人な感じもいいけど、やっぱり神聖な無垢な感じに欠けるので、そういう意味ではケイリーやケルティックウーマンや王道のエンヤなんかが好きかな。

さらには自分で歌ってみたいと言う衝動にかられ、アメージング・グレースやアベマリアなど、一人でも歌える聖歌に挑戦してみています。

みんなで歌うコーラスのハーモニーの美しさも素晴らしいけど、独唱で歌われる聖歌も好き。

教会の静けさと驚異的な神秘感、それこそ「恐ろしい」と感じてしまうほどの雰囲気ある神秘的空間の中で歌われる聖歌、そこに響くシンプルな歌。

これこそ究極の贅沢ではないでしょうか。

いつか、あの教会で歌ってみたいなー。

そんな事が許されるのだろうか。

キリスト教徒にならないとダメなのかな?

仏教徒出身の無宗教の私じゃダメですか?

いつか自信が持てるくらい歌えるようになったらもう一度、教会へ行ってみようと決心した私でした。

ホンダCR-Z

お腹いっぱいって言ったのに。

台風が近づいていると言われる中、車で帰省です。

しかも行先は若干台風がかかりそうな場所・・・大丈夫かなぁ。

前日から天気予報とにらめっこ。

行きはいいけど、帰る日に台風直撃なんてことにならないかな。

今回は遊ぶ予定をたっぷりにしてあるんです。

帰省した日は特に何も予定なし。

翌日は映画を見に行き、最後の日は朝から遊園地に行くつもりなんです。

それなのにお天気がよくないってかなり問題なんだけど・・・どうか台風がそれてくれますように、と祈るしかありませんね。

ちなみに朝は雨。

でもここ最近は雨ばかりなのであまり心配しておりません。

だって、毎日朝、昼、夕方、夜中と4回雨が降るんですもんね。

朝降っててもどうせ止むし、と思ってしまいます。

出発前に、ゴミを捨てます。

ついでに車の中のゴミも捨てようと思い、荷物を乗せてから車で待機していた子どもたちにゴミを降ろすように伝え、受け取ります。

そのゴミをゴミ袋に入れていると、雨が激しくなってきました。

いや~ん、結構な雨の強さなんですけど。

それでも何とかゴミをゴミ捨て場に置いて、車に乗ります。

もうびしょびしょです。

そして、旦那さんを待ちます。

家に鍵をかけて降りてきた旦那さんが乗って、さぁスタートです。

幸い雨も弱まっていたので、雨で前が見えないってことがなくなります。

いつものようにコンビニに寄って行くだろうと思っていたら、旦那さんなんだかいつもと違う道を走って行きます。

自分が前の夜食べ過ぎてお腹が空いていないから、忘れていたみたいです。

それでも途中で「あ、コンビニ行くの忘れた!」と気付き、違う道に入ってくれました。

ちょっと山道なんで私は苦手なんですが、旦那さんは平気。

離合が難しかろうがまったく問題なしです。

そして、コンビニのあるルートへ出ました。

おかげで無事にコンビニに寄ることができて、朝ごはんをゲットできました。

私はおにぎり、子どもたちはサンドイッチやおにぎり、そしてお腹いっぱいだと言っていた旦那さんまでちゃんとサンドイッチとホットドッグを買っています(笑)

お腹いっぱいだなんて誰が言ったのよ~。

結局、いつもと同じくらいの分量の朝ごはんを買って車に乗り込んだのでした。